ルメントシャンプーが人気の秘密とは? その特徴と効果を解説します



梅雨でベタつくこの季節、、
毎日シャンプーしているはずなのに地肌の匂いが気になったり
頭皮がスッキリしないと感じることはありませんか?

美容院でヘッドスパを受けてみたいけど
そんな時間も無いし、費用もかかるし、、

スカルプシャンプーは男性用のイメージが強いし、、

そんな方に朗報です!!

自宅で簡単ヘッドスパ気分を味わえるシャンプーがあるんです!

ルメントシャンプーはこんな方にオススメ!

・髪にハリ、コシ、ツヤがなくなってきた。

・カラーやパーマ、ドライヤーでのダメージが気になる。

・頭皮の匂い、ベタつきが気になる。

・カラーやパーマが長持ちしない。

・トリートメントの効果を感じない。

ルメントシャンプーはサロン専売品
また、カラーやパーマの施術後に残っているアルカリ成分を
除去し、健康的な弱酸性に戻します。

髪がアルカリ性だとキューティクルが広がったままになり
カラーやパーマが取れやすくなってしまうのです。

ルメントシャンプーはもっちり濃密な泡で出てくるので
髪全体に炭酸成分を行き渡らせる事ができますね。



ルメントシャンプーはノンシリコンなのにきしまない!

安価なノンシリコンシャンプーに配合されている石油系の
洗浄成分は洗浄力が強すぎて、本来落とす必要のない油分まで
落としてしまいます。

ルメントは低刺激で頭皮や髪の毛に優しいアミノ酸系の
洗浄成分を使用しているので、キューティクル補修をしながら
洗いあげます。

また、高級レアオイルで痛んだ髪をコーティング補修するので
キシキシ感を感じることがありません。

ルメントシャンプーは清涼感のある使い心地!

天然ミントとメントールを配合したことにより
上品な清涼感を味わえます。

すっきりとした洗いごこちで、快適な頭皮環境を実現します。

さらに通常 9 種類の植物エキスに加え、夏限定の植物エキスで
ベタつきや匂いなど不快になりがちな夏の頭皮をケアします。

ルメントシャンプーはUV ダメージケア成分配合!

ヒマワリ種子油を配合することで、すっきりの中にも
きちんと保湿をおこないます。

お肌より多くの紫外線ダメージを受ける頭皮や髪をケアします。

頭皮の日焼けは見落としがちなので、シャンプーするだけで
ケアできるのは、これから暑くなる時期に嬉しいですね!

ルメントシャンプーは匂いカット成分配合!

汗をかく時期に気になってくるのが地肌の油臭、、
ルメントシャンプーは匂いをカットするカキタンニン配合で
気になる匂い対策もバッチリです。

高濃度炭酸とアミノ酸系洗浄成分で頭皮をすっきり洗いあげ
カキタンニンでベタつきや気になる匂いをカットします。

ルメントシャンプーは3 日に一度のスペシャルケア!

でも、クレンジングってなんだか面倒くさそう、、
シャンプーの前に予洗いしないといけないの?

いえいえ!使い方は簡単!

今お使いのシャンプーの代わりに 3 日に一度
使用していただくだけで、頭皮クレンジングができるのです。

なんだか試してみたくなってきましたね!



それではここで使用されている方の口コミをみてみましょう!

ルメントシャンプーの気になる口コミ評価は?

・もっちり泡で出てくるので、頭皮までしっかり洗えます。
通常のシャンプーの泡立ちもよくなり、このシャンプーで
毛穴までしっかり洗えている証拠だと思いました。

・地肌がスッキリして、使ううちにペタンコだった
髪のボリュームがアップしてきました。

・毛量が多くて太い、扱いにくい髪質でしたが
こちらを使い続けるうちに髪が柔らかくなってきました。

・指通りが良く、きしみません。香りも夏らしく爽やかで
ヘッドスパ気分が味わえました。

・2、3 度使用した時点で、同僚に「髪が違う!何したの?」と
聞かれました。その後、同僚も購入し気に入っています。

毛量や髪質にかかわらず、効果を感じられる方が多く
いらっしゃいました。

毛穴までスッキリ綺麗に洗えることで、髪本来の健康を
取り戻した結果だと言えるのではないでしょうか?

家族や友人、同僚が髪の変化に気づいたことから
周囲の人も使い始めたという方も沢山いらっしゃいました。

身近な人に髪を褒められるのは嬉しいものですね。

こんなに簡単に自宅でヘッドスパ気分が味わえるシャンプー
他にはないのではないでしょうか?

さいごに

やはり「髪は女性の命」というだけあって
髪にも年齢が表れてくるものです。

現に艶やかで健康な髪の女性は年齢を感じさせませんよね。

ルメントシャンプーなら、3 日に一度のケアで
艶のある健康な髪を手に入れることができます。

夏だからこその頭皮ケアで、周囲を一歩リード!
うる艶美髪を手に入れてみませんか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする